半沢彩奈「6年生の担任を外された恨み」水谷東小学校漂白剤カレー混入事件

埼玉県富士見市にある市立水谷東小学校で、給食のカレーが入った缶に塩素系の漂白剤を入れたとして「半澤彩奈(はんざわあやな)容疑者」が逮捕されたニュースが話題です。

半澤彩奈容疑者は水谷東小学校の教員。生徒たちは食べる前に異臭に気付いたため児童らはカレーを食べず健康被害はありませんでした。

また、半沢彩奈容疑者について調査すると2020年に水谷東小学校に新任教員として就任。2021年は5年生のクラスの担任をされていたことが分かりました。今年になった担任を外されたことから2021年に担任した5年生のクラスを、今年担当すると思っていたところ担任を外され、そのことに対する恨みと推測されます。

半沢彩奈「6年生の担当を外された恨み」

半沢彩奈の顔画像

半沢彩奈容疑者は24歳と報じられています。そこで調査すると2020年に水谷東小学校に新任教員として就任。過去2年担任を持っていたとのこと。つまり半沢彩奈容疑者は1年目から4年生のクラスを担当して、2021年は5年生のクラスを持っていたことが分かりました。

半沢彩奈 2021年は水谷東小学校の5年2組を担当

以上のことから半沢彩奈容疑者は1年目にして4年生のクラスを持つことができた。異例の抜擢に半沢彩奈容疑者自身も期待されてると思い新任というこもあり気持ちも高ぶりがむしゃらに頑張った。初めての担任ということもあって苦しいこともたくさんあったが生徒への愛情もしっかりあった。5年生に進級してもその気持ちは変わらず。

そして、2022年も6年生に進級する生徒のクラスを持てると確信。おそらく3年間担任を持った生徒を無事に卒業させることが大きな目標だったはず。ところが担任を外されて自身の生徒が卒業を迎えるときに担任として見守ることが出来なくなった。

半沢彩奈容疑者は真面目な性格ゆえに怒りの感情を上手くコントロールできずに暴走。生徒への愛情はやがて憎悪へと変貌。半沢彩奈容疑者は「自分が担任した生徒の卒業を担任の先生として見守れないなら殺していもいい」と言わんばかりの気持ちでカレーに漂白剤を入れたのです。

 

半沢彩奈「やられたらやり返す」

また、半沢彩奈容疑者について調査していると今回事件を起こした半沢彩奈容疑者を預言するかのようなツイートがありました。

やられたらwwwやり返すwwwwww半沢彩奈www

上記は2013年にツイートされたもの。約9年の時を経て半沢彩奈容疑者の性格を当てています。半沢彩奈容疑者が漂白剤を入れたのは今年の3月まで担任をしていたクラスのカレー。愛情が憎悪へ変わってしまった半沢彩奈容疑者にとってもはや生徒はストレスのはけ口となっていた。

半沢彩奈容疑者は担任を外されると担任していた生徒に対して殺人未遂のような事件を起こしているわけですから、半沢彩奈容疑者に対して親や子供からクレームがあったとしても不思議ではありません。

担任外された理由が
どこかそんな雰囲気があったか
保護者からクレームがあったか

半沢彩奈容疑者に対して同情の余地はありませんが、新卒の教員が担任を受け持つこと自体がシステム疑問です。一般企業では新卒とか言う全く使い物にならない人間を数年かけて育成していくわけで、それを教育の現場ではいきなり担任に充てるということは異常です。

学校が人員不足に喘いでいるのは理解するが、むしろこういった育成システムの無さが教職を忌避させる要因になっているのではないか

半沢彩奈「令和版の林真須美か」

半沢彩奈容疑者の逮捕で思い出されるのが1998年に和歌山で起きた和歌山毒物カレー事件。和歌山毒物カレー事件は和歌山県和歌山市園部で行われた夏祭りで提供されたカレーに毒物が混入しており4人が死亡した事件。逮捕されたの近所に住んでいた「林真須美死刑囚」。

(画像:林真須美)

林真須美死刑囚については2009年に死刑が確定。ただ、冤罪疑惑も浮上してるため

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。